FC2ブログ

My Little Garden・・・

花好き変らず花弄りを止める事なく、タイトルの「奇跡を夢みて・・・」削除して’16年6月から再出発。気負う事?なく花を楽しんでます。

今、見えるもの・・・

家内の介護認定が終り、今日は全スタッフ(事業所単位)が集合しての打合せ日です。

今朝のTVから「16才の少女が叔母を殺害。緊急逮捕!」と聞こえ・・・原因は「親子?家族?の口論に横入りして、カットしてしまった・・・」との事。母親と娘=親子、母親と叔母=姉妹~元々は家族の繋がりだけど、一度離れて暮すと難しいですね。


画像は、今朝撮影~目に入った植物達です。。。

ゼラニューム


今日の会議に当り、ケアマネージャーや各スタッフから「今後の介護に要望等を教えて下さいね・・・」と言われながらの打合せに成りますが・・・五年間を経て顕著な変化が無い状態に何を要望すれば良いのか???


オダマキ


在宅介護が始まり、以前との時間の使い方に大きな変化・・・介護・家事にやっと慣れながらも、仕事内容の見直しと削減の中でやっとの生活維持が本音・・・よく、この間に娘達二人を学校へ行かせられたと感じます(^_^.)

黄色カタクリ


今朝の事件ですが・・・喧嘩してる時や病気の時は、通常の精神状態じゃないんですよね。介護をしてる時も、本人ほどでは無いと思いますが・・・やっぱり普通の精神状態で無い事が多いです。

クロユリ


そんな時は、色々な親切心を煩わしく感じる事が多々です。

業務や介護対等に追われてる時の、お迎えの電話や回覧板回しのインターホン&・・・

それに紛れての~

営業電話(非通知が多い!)・・・
更には休日の布教活動「近所に住んでる○○と言うものですが~」(何処までが近所だ?)・・・
飛び込み営業(何故か忙しい月曜午前中が多い!)「工事(この地区)のご挨拶に寄らせて戴きました~」・・・

食事準備や介護対応中の煩わしさは一入で、つい「けっこうです!」(時には「です」が付かない~)の言葉・・・

チューリップ

介護が始まり、色々な介護器具が増えましたが・・・人が変わると「こんな便利なものがありますよ~」「この器具(購入済みの物)は、可笑しいので直すか変えたほうが良い~」と業者を連れて来たり・・・


前スタッフにお世話になり検討して貰い購入したものが悪いと言われると「これはどうするの?」・・・決して安いものでなく、福祉や介護等の費用負担にお世話に成った器具にそう言われてしまうと・・・善意の事も「費用の仕組みがどうなってるの?」と有らぬ疑いを抱いてしまう・・・

クレマチス


介護アンケートの質問には(今後の介護者や制度改善等での調査と思い協力してます)・・・
「介護訪問者が来ることが苦痛に感じませんか?」・・・
「介護は何時まで続けられそうですか?」・・・
のような質問が・・・

バラ


この質問だと・・・
「人が家中に来るのは苦痛です」~来訪日に併せて掃除&問題が起きると困るので気を使う・・・
「介護保険で家族対応分が少しでも支給されるなら直ぐに止める」~TVで「介護保険は最大で利用して・・・」と言われる評論家等が多いですが、使えば使うほどかかる費用負担。介護保険負担は1割ですが他に医療費や備品等。介護対応で仕事対応が減りながらも住宅ローン等は家内と関係なく確り残り・・・

これが本音に近いと思いますが、こうは書いてないです(^_^.)

スノードロップ


カミさんとの喧嘩時・・・
「パパの対応が悪い~」のような介護対応を言われると「パパも子供達も、ママの介護対応しても1円にも成らないの~パパは仕事で稼がないとママの介護や家の生活が維持できないんだから我慢しなさい・・・」の憎まれ口???

「多くの介護家庭でこんな遣り取りが有るのかな?」と想像しますが・・・我が家だけ???

パンジー


動けない&離せない要介護者が居ると、一寸した用事も片付けられない・・・赤ちゃんであれば一緒の外出も可能ですが、一人で移動させる事も出来ずに目を離せず・・・買物忘れで「ちょっと行って来る~」と心配しながら超特急~


パンジー


こんな状態が現在の介護生活です。「今後の要望を教えて下さい」に、要望は無いけど希望や夢は「元の元気な時期の生活に戻りたい・・・」ですね~でも生きてて介護が出来る事が励みだと言えます。。。


チオノドクサ


愚痴含め(殆ど?)に成ってしまいましたが・・・一番辛い&困ってるのは「要介護者&闘病中の方」で、どんなに思っても考えても・・・「その辛さ等は成ってみないと分からない~」と感じてます。。。

チオノドクサ


遅い春に、少しづつ植物達の新芽が見え始めたこの頃・・・
カミさんの「花屋さん手伝うよ~」の言葉。現在は「梱包のテープ貼りを手伝ってね~」に現在は何も出来ず状態ですが・・・

ニゲル

家の小さな庭から出て行った幼苗到着後・・・

「大切に育てますね~」「また機会が有れば買いたい~」等~満足な育種が出来てない中での嬉しい返事を戴き・・・
多くの事を子供達に助けられてる現在ですが、少しだけ先が見えて来たような・・・発症6年目&介護5年目の春に成りそうです。。。


スポンサーサイト



 在宅介護