My Little Garden・・・

花好き変らず花弄りを止める事なく、タイトルの「奇跡を夢みて・・・」削除して’16年6月から再出発。気負う事?なく花を楽しんでます。

辛い季節・・・

氷点下4度の朝でした。

何が辛い?って、あかぎれの季節が到来です(^_^.)

物を握ったり触ったりに痛みを感じ、主夫だよな~と感じる朝でした(笑)


昨日の夕食~

夕食


炊き込みご飯、キンピラゴボウ、カボチャの味噌汁+焼酎水割りです。12月に入り、子供達のカレンダーに「ご飯要らない」記載が並んでます。それでも、子供達が打合せし二人同時に「要らない」は無いんですよ。
朝早く夜は早々に就寝する自分で、あまり遅く成らないようにどちらかの子が帰宅してくれてます。。。

昨日の予定では、唐揚げでしたがカロリーを想像してる間に炊き込みご飯に変化してしまいました。最近は、ダシ汁・醤油・味醂で味付け・・・子供達に好評です♪


追記は、いつものグダグダ?何だかな~?の福祉・介護ネタです。愚痴なので嫌な方はスルーして下さいね(^_^.) 昨日の朝日新聞からです・・・


調子が悪かった「むさし」で、根確認でネコブ線虫が原因でした。三分の一程度の根を切り落し堆肥と薬を土に混ぜ植替え~

むさし

復活気味で元気な新芽が伸びてます♪

このような新聞記事を読み・・・


「完璧」やめよう 男の介護

「男の介護」が増えている。かつての介護は主に女性が支えていたが、今や男性が3割を超える。弱音を吐けず、苦しさを抱え込んでしまいがちな男性が介護に向き合う時は、どんな点に注意すればいいのだろう。

いまや3割 支援が急務

女性の社会参加が進み、介護を担ってきた専業主婦が減る一方、核家族化で「老老介護」も増えて、介護する男性は増加した。厚生労働省の昨年の国民生活基礎調査では、介護者の31.3%が男性だった。

~中略~

・・・06年~昨年6月の朝日新聞記事を調べたところ、介護殺人や未遂、心中事件は164件発生。加害者の69%が男性で、夫が妻に害を加えた例が38%、「息子が親に」は27%だった。・・・「介護者法整備を急ぐとともに、地域包括支援センターの職員が介護者を訪問するなど行政の積極的な介入も必要だ」と指摘する。

「仕事とどう両立するかも課題だ。総務省の就業構造基本調査によると、06年10月からの1年間に、2万5600人の男性が介護や看病で職を離れた。育児・介護休業法は年間93日までの介護休業を認めている。休業開始時点の賃金40%を支給する介護休業制度もある。

~中略~

男の介護 心得5カ条
① 自分の時間と健康を大切にし、相談出来る仲間と共に介護の道をあゆんでいこう
② 自分だけでできないことは、頼る勇気を持とう
③ 介護で苦しんでいるのは自分だけでないことを忘れず、これまで生き抜いてきた己の力を信じよう
④ 老い・病に対して無力であり、死を考えることは愚かなことだと認めよう
⑤ 介護の基本を理解した上で、この世に完璧な介護など存在しないということを心に留めておこう

男性介護者の特徴
▽ 胸の内を吐き出すことが苦手
▽ 地域住民との関わりが薄い
▽ 配偶者と一心同体になりやすい
▽ 介護保険サービスに、安心して委ねることができない
▽ 家事労働に強い負担感を持つ
▽ 仕事と介護の両立に悩む

「6月からパートで働き始めた。病院にも連れて行かないといけないので、いつ辞めてもいいような仕事じゃないと。正社員は望めないです」

~中略~

うまくいってる例もある。○○県△△市の男性(71)の自宅カレンダーには、テニスや俳句、ボウリングなど予定がびっしり。「精一杯遊ぶことが、ストレス解消になる」
 妻(66)は3年前、初期の認知症と診断された。自宅では付きっきりだ。
 月~土曜の朝9時から午後3時半まで、デイケアを利用する。その間は好きな事ができる。自分が倒れたら妻はどうなるだろう。そんな不安もある。「自分が一番リラックスできる状態じゃないと、介護なんてできない。ストレスを少しでも減らすことで、やわらかく接することができるんです」(以上、新聞記事より)


室内越冬中の苗~

ベストウィッシーズ



中略部分が多いのですが、このような記事でした。

紙面内の決められた段数?文字数?等に制約もあり、書ききれない事が沢山あると思われるのですが・・・「心得5カ条」「男性介護の特徴」等を拝見し、もっと根本部分があると思います。

要介護度合、介護者年齢、介護者職業諸々の環境が影響し、今回記事のうまくいってる方は、それなりの年金や資産等で生活が成り立つ方。逆に仕事をやめパート者の記載例が、国内の多くの民間企業で働く方が選ばなければならない現実と推測します。

育児・介護休業法等を言う識者等の多くの方は、それなりの職や勤務先で働き利用出来る立場の方?多くの民間企業では利用出来ないのが現実では???(育児休暇から推測)
このような部分に隔たりを感じてしまうのです。男性介護の環境は、働く世代(現役世代)か否か、年金世代でも年金種類で同様に大きな違いが発生します。


カランコエに久しぶりの蕾~

カランコエ


要介護5に胃瘻状態(我が家はこれ)だと、外で仕事は殆ど出来ないです。一時間半毎に栄養開始の取り付け&取り外し、取り外し時の薬投与、時々サクション・・・様子確認etcを行ってると一時間も目を離せないです。
施設に預ける?介護保険にプラスして看護師に医療行為(栄養交換や薬投与)を頼む?子供の仕事を諦めて貰い介護を行う?・・・それとも、在宅可能な仕事を見つける?
こんな選択になると思います。要介護の5段階に、これもどうなのか?勉強が足りず善し悪しを言えないのですが、仕事を行い生活を維持する事を考えるならば、この要介護点数では身動き出来ないです。親介護を行う介護者年齢は、それなりの年齢者が多く一度辞めると要介護者が亡くなった後の再就職はどうする(再就職は難しい年齢)?こんな事から生活を守る為に年金詐欺事件に繋がった?なんて想像します。

福祉先進国と比べ、介護者の自立支援が少ない?無い?日本・・・要介護者に対する介護保険や福祉はそれなりに成立しつつあると思うのですが、介護者支援は何も無いと言っても過言でないと感じます。
共稼ぎが多くなった現代で、今後を考えると変わるのか?とも思われますが・・・過去は、住宅購入時に男性収入で借入を行い保険加入が殆どでした(夫が亡くなった時は住宅返済も無くなりそれなりの保険も入る世帯が殆ど)。男性が介護を始め働き場所も失った現役世代が、生活と家をどう守り切るのか?が大きな課題です。「完璧」やめようじゃなく、住む場所を守る為と家族を守る為に必死になるんです。それなりに働いて税金等も納め、処分できる資産や貯蓄が出来た方(車もです)は、生活保護対象じゃないんですよ。最初からない方達は、それなりに・・・が行政制度?年金額と生活保護金額の不思議もありますが、これらも不思議に感じる一つです。

 要介護者と介護者の悲しい事件要因は、どう収入を得て生活&介護生活を維持していくのか?先の見えない介護期間?これらの事が主だと感じます。成り立つ方は、ストレスを減らす事が可能で、逆は・・・


スパティフィラム


 こんな事を思いながら・・・
これから益々増える要介護者に介護者に介護保険は破綻してしまうのか?と考えてしまうのですが、介護施設や従業者増ばかりを考えるのでなく介護者が仕事になる事を考えて欲しいと切に願う所です。国民年金を貰う年齢になり「介護保険を使いなさい」と言われても使ったら1割負担・・・「払えないから使わない」イタチゴッコです。その現実を政府等には理解して欲しいです。

男性が、けっして完璧を求めるわけじゃない。働く現役世代の男性の多くは、住む場所含めた生活基盤があり介護生活が出来る状態です。
 こんな考えから、新たな介護資格、施設だ~ばかりでなく「在宅介護を進めてるんだから介護者の実情や気持ちを理解し対策を練って欲しい」と願うんです。それが無いから、天下り先や表集めの土俵作りしてるの?と言いたく成ってしまうんです(^_^.)



振り返って思う事ですが・・・

まだ、たった七年・・・長女:高校卒業、次女:中学卒業時に始まった介護生活でしたが、この子達の進学や介護等費用に出費多々の時期でした。

そんな中で、子供や家内に当った事も度々。維持出来るかどうかが不安な介護生活を過ごしながらでしたが、二人の子供達が働き始め・・・「パパの役目も終わった」と思い気持ちが楽になった数年前でした。

とは言いながらも、まだまだ沢山残ってる家の支払で「もう少し頑張らなければ~」と子供達に時々圧力をかけてるパパです(^_^.)


自分と同じような介護をなされてる方が、もしも寄っていてくれてるなら・・・

社会へ出て共に働いた仲間達の活躍に、羨ましさを感じたり心を塞いだ時期も有りましたが・・・

自分で何も出来ない伴侶の世話や子供達との生活や身近な自然へと視線を変え・・・

楽しさと辛さが交差しながらですが、絆?生甲斐?と改めて思うようになりました。

辛い事に沢山出会うと思います。でも必ず乗り切れる筈。一寸だけ視線を変え・・・です。
スポンサーサイト

 福祉等

2 Comments

くぅ#  

おはようです^^

4日に介護福祉士の模擬試験がありました。
午前の試験を終えて昼食をとりながらケータイを見るとオットから「姉、危篤。終わったらすぐ帰れ。」の連絡が入っており
午後からの試験は頭が真っ白でした。
試験が本番じゃなくて良かったです。^^;

その日の深夜(5日未明)に義理姉は息を引き取り、昨日葬儀が終了しました。

テレビを見る暇もない慌ただしい数日でしたが、札幌は大荒れのお天気だったようですね。

ブログも久々にゆっくり読ませて頂きました。
長い長ーいこの記事もしっかり読ませて頂きましたよ!

一口に介護と言っても、介護者・要介護者の状況によって
ケースは本当に様々ですよね。
厚生労働省の役員になる条件に「介護経験者に限る」があれば、介護保険制度も変わるかも?( ´艸`)
あっ、でも、経済的に余裕がある人達がいくら介護経験者になっても
意味ないかぁ~( ̄ー ̄)

2011/12/08 (Thu) 09:43 | REPLY |   

ひかる  

くぅ#ちゃんへ

こんにちは♪

義理姉さんの年齢を推測すると、若すぎる死去と感じますが・・・
見送る事が出来たご様子ですね。心より、お悔み申し上げます。

> 長い長ーいこの記事もしっかり読ませて頂きましたよ!
↑決して長くないんですよ。言いたい事や愚痴等は、かなり端折っ
ての記載にさせて戴いてますよ(笑)

> あっ、でも、経済的に余裕がある人達がいくら介護経験者になっても
> 意味ないかぁ~( ̄ー ̄)
↑この部分について考えると、そう成れるように?老後の安泰を願
い・・・そういう場所を作り、そう成ってるんだと思われます。
民間だと派閥抗争等に敗れると、干されたり窓際ですが・・・そう
ならない仕組みを右肩上がりの時に作ってしまい、それを誰も言わ
ずで右肩下がりに成って言い始めるから、大臣と官僚のバトル???
そんな構図だと思うんですよ。日本が無くなったら?TTPだ何だかん
だで経済復興を何時までも願い・・・地球が無くなったら判るんで
しょうね!!!と思ってます。

2011/12/08 (Thu) 11:49 | REPLY |   

Leave a comment